家族葬という葬儀について

###Site Name###

家族葬とは家族だけが集まって営む葬儀です。


通夜・告別式など、普通にやります。
ほかに親しい人も参列する文字通り、身内だけの葬儀なんです。
でも、この家族葬、平成になってからのもので以前は密葬と呼ばれていたみたいです。

しかし、本来の密葬とはまた、別なものなんだそうです。そもそも、家族葬は葬儀会社がマーケティング戦略として作った造語なんですね。
参列者は家族や家族同様の付き合いのある人です。


故人の生前の好みに添う形式で執り行うことも可能です。

いわば、自由な葬儀と言えるでしょう。



どんな葬式にもメリット、デメリットが存在するはずです。

先にメリットを上げるとすれば何があるんでしょう。

身内だけで行うんで相手を気遣う必要がないということでしょうか。



基本的、少人数で行うのでその分、費用が掛からないんです。



あと会場もそんなに大きくなくても大丈夫ですしね。といっても、儀式とかにかかる費用は別です。通常の葬儀で使われるものと同様の物を提供されるので家族葬でも基軸的な費用の変化はあまりないんです。

デメリットといえば、極親しい人しか連絡しないために、疎遠になっている相手には何の連絡もないということでしょうか。なので、人に何度も同じ話をしたり、弔問客が無期限で家に来る可能性があることでしょうか。


しかも、弔問客が訪れた際にある程度見込める香典・弔慰金がほとんど発生しません。

だから、葬式が施主の負担になることも考慮しなくてはなりません。